緑内障とは?

緑内障は「目の成人病」とよばれ、40才以上の約20人に1人に発症するとされており、また加齢とともに起こりやすくなる疾患です。
緑内障は、ものを見る神経(視神経)がおかされ、ものが見える範囲(視野)がゆっくりとせまくなっていく病気であり、この原因は眼球内の圧力(眼圧)の上昇が考えられています。
ふだん両方の目でものを見ているため、多くの場合本人も気づかないうちに症状が進行します。

緑内障の種類

緑内障の種類によって治療法が異なってきます。
閉塞隅角緑内障で急性緑内障発作を起こした際には緊急処置が必要となります。

緑内障の検査

緑内障の検査として、眼圧検査、眼底検査および視野検査を定期的に実施します。
緑内障は家族内発生のみられることがあるため、皆さんのご家族(血縁者)に緑内障の方がいらっしゃる場合には、検査を受けることをおすすめします。
緑内障によって、一度失われた視野は回復しないため、早期の発見が重要となります。

緑内障の治療

緑内障の種類には、眼圧の低いタイプもありますが治療の基本は眼圧を下げることです。

薬物治療

眼圧を下げるため、主に目薬を用いますが、内服薬を使用することもあります。目薬は、眼圧を十分下げるため、1~数種類使用することもありますが、必ず医師の処方・指示に従い、規則正しく点眼してください。
例えば、2つの目薬を点眼する場合には、続けて点眼せず、5分以上間をあけるようにしましょう。
なお、緑内障以外に治療中の病気(目以外の全身についても)があれば、医師から処方を受ける前にご相談ください。
また、目薬によっては、思わぬ症状がみられる場合があります。
ふだんの生活でおかしいと思ったことがあれば使用を中止し、早めに相談するようにしてください。

レーザー・手術治療

薬で眼圧が十分下がらない場合、あるいは症状の進行に応じて、レーザー治療や手術治療が行われます。治療法によっては短時間で終わり、外来で行えるものもあります。

ふだんの生活の注意

健康的で無理のない規則正しい生活をしてください。。
緑内障であるからといって、何をしなければいけない、これをしてはいけないということは何もありません。
ただ、過剰に興奮したり、長時間うつむいて仕事をしたり、また、きつい衿(えり)のシャツを着たり、一度に大量の水分(1リットルふらい)飲んだりすると、眼圧が上がることあるといわれています。
しかしこれらのことは一応の目安であり、あまり神経質にならずに「緑内障とうまくつきあっていく」ことが大切です。
なお。、緑内障以外の病気で治療を受ける時には、緑内障であることをその医師に伝えてください。
それは医師が緑内障に影響を及ぼさないような治療法を選択するためです。
あなたは、治療を受けながら、できるだけ日常生活をエンジョイしてください。

TOP