眼科当院で可能な検査

眼科当院で可能な検査

  • 視力検査
  • 眼底検査
  • 眼圧検査
  • 細隙灯顕微鏡検査
  • コンタクトレンズ処方
  • 視野検査

視力検査

視力には裸眼視力(眼鏡をかけない視力)と矯正視力(眼鏡をかけた視力)の2種類がありますが、検査ではまず肉眼で左右の目を交互に調べ、視力が1.0以上であれば正常と診断します。

眼底検査

網膜疾患、視神経疾患などの眼の単独検査はもちろん、糖尿病、高血圧、高脂血症、脳内血流動態異常など全身疾患の合併症の病状までも把握することができます。

眼圧検査

ゴールドマン眼圧計と呼ばれる角膜に接触するタイプの眼圧検査です。

細隙灯顕微鏡検査

細隙灯(さいげきとう)顕微鏡という装置によって眼球を観察する生体検査で、眼科の検査の中では、視力、眼圧、眼底とともに、基本的かつ重要な検査です。

視野検査

視野検査は物を見る範囲が正常に働いているかどうかを調べる検査です。網膜や視神経などの機能を正確に知ることができるので、視野の異常が考えられる網膜剥離や緑内障を診断する上で欠かせない検査です。

TOP