皮膚科

皮膚科について

皮膚は身体を被い外界から身を守り、生命の保持に不可欠な種々の働きをしている重要な身体の中で最も大きい器官です。
皮膚科とは皮膚に病変がある疾患を取り扱う専門の診療科です。顔や手足、体全体もそうですが、口の中でも肉眼で見える範囲は皮膚科で対応ができると考えてよいです。
また、爪や髪の毛に関する疾患も皮膚科の領域になります。

ニキビ、アトピー、イボ、ホクロの除去手術など多岐に対応します。
顕微鏡や採血による検査も積極的に行います。

診療内容

皮膚科診療のご案内

  • アトピー性皮膚炎
  • 手湿疹(手あれ
  • みずいぼ
  • 胼胝(たこ)
  • いぼ(尋常性疣贅)
  • 蕁麻疹(じんま疹)
  • 伝染性膿痂疹(とびひ)
  • 単純性ヘルペス
  • 帯状疱疹
  • 虫咬症(虫さされ)
  • 円形脱毛症
  • かぶれ(接触性皮膚炎)
  • ニキビ
  • 鶏眼(うおのめ)
  • 水虫(足白癬)
  • ホクロ
  • 脂漏性湿疹
  • 皮脂欠乏症(乾燥肌)
  • 口唇ヘルペス
  • 日光皮膚炎
  • しみ・色素沈着

アトピー性皮膚炎

当院では主に『日本皮膚科学会』が定める「アトピー性皮膚炎治療のガイドライン」に沿った、外用を基本とする標準治療を行っています。また、希望に応じ漢方薬を組み合わせた治療や、エキシマライトによる紫外線治療、重症・難治例には免疫抑制剤ネオーラル内服による治療も行っています。
さらに、セッケンや化粧品などの使い方も含めた生活指導も行っておりますので、疑問があればお気軽にご質問ください。

ニキビ

ニキビ治療は抗生剤の外用あるいは内服を基本として、可能であればアダパレン外用薬を組み合わせるのが一般的です。これに加え、ビタミンB,Cの内服や、ビタミンCローションの外用など、より効果的な治療も提案しております。また、ご希望により漢方薬の併用による治療も行います。

水虫(足白癬)

当院では、まず糸状菌検査(皮の剥がれた部分をとって顕微鏡で確認する検査)を施行し、診断を確定させることを第一とします。
診断が確定できた場合、基本的には外用薬による治療となります。
外用の仕方についてもご指導しております。また、爪水虫のような難治な水虫については、抗真菌薬の内服による治療も行っております。

いぼ(尋常性疣贅)

いぼ(尋常性疾贅)はヒト乳頭腫ウイルスというウイルス感染によってできる良性腫瘍です。
無治療ですと数や大きさが増えたり、他人にうつす可能性もありますので、早めの治療をお勧めします。しばしば「うおのめ」と間違われますが、少し削るなどして診断可能です。
治療は液体窒素を使って冷凍凝固することが一般的ですが、少々痛みを伴います。
その他、当院では、漢方薬、外用剤の併用なども行っておりますので、ご希望があればご相談ください。

ホクロ

いわゆる「ホクロ」については、まず良性か悪性かの診断をすることが最も大切です。
そのために、当院ではダーモスコピーという皮膚病変を拡大して観察する専用機器(検査の項で詳しく説明しています)を使用します。悪性が示唆される場合は、大きな病院などしかるべき紹介先へご紹介させていただきます。良性と考えられる場合は、ご相談の上、手術なども御提案させていただきます。

円形脱毛症

内服や皮下注射のみならず、エキシマライトという紫外線治療も行ないます。
時間はかかりますし、不安でしょうが根気よく頑張りましょう。

TOP