形成外科

形成外科について

形成外科は組織の異常や変形、欠損などを治療対象とするものです。具体的にはけがややけどなどの外傷に対する修復や口唇裂などの先天奇形の治療です。

ケガ、ヤケド~腫瘍(できもの、しこり)の摘出手術などを行います。
オペのみならず肌の色素沈着にはレーザーを用いたりもします。

診療内容

形成外科診療のご案内

  • ケガ・ヤケドの治療
  • 眼瞼下垂
  • ピアス穴の裂創・耳垂裂
  • 湿潤治療
  • 皮膚腫瘍(できもの、ホクロ)
  • 褥瘡(床ずれ)

ケガ・ヤケドの治療

当院では、湿潤治療を積極的に行っております。
ケガ・ヤケド・キズの治療
必要に応じて、止血、縫合、点滴治療も行います。
さらに、セッケンや化粧品などの使い方も含めた生活指導も行っておりますので、疑問があればお気軽にご質問ください。

湿潤治療について

湿潤療法とは、傷を乾かさず、潤わせた状態で治療する方法です。
従来、やけどの治療には、消毒して軟膏を塗り、ガーゼで覆う治療方法がとられていましたが、この治療方法だと、ガーゼを交換する際に、非常な痛みを伴う上に、せっかく再生した皮膚を壊してしまうことがありました。
湿潤療法は、傷を乾かさず、潤わせた状態で治療する方法で、痛みも少なく、しかも、傷跡が残りにくくきれいに早く治ると言われています。
傷口から出る滲出液には、傷の治りを早める成分が含まれています。
滲出液を保ち、適度な湿潤環境を維持することで皮膚の自然治癒力を高めます。

※湿潤治療をすすめている夏井睦先生のご紹介についてはコチラ

TOP