アレルギー科

アレルギー科について

体内に入った異物に対して過敏に反応する状態で、免疫反応が過剰に起こった状態を言います。免疫とは、からだを守るための防御システムで、体内に入ってきた異物(細菌やウイルス)に対して抗体を作って対抗しようとします。

 しかし、日常生活で避けることが難しいありふれた抗原(=アレルゲン)に対して、不必要に不快な結果をもたらす免疫応答が起こる場合、これをアレルギーと呼びます。具体的には粘膜や皮膚の腫れや、かゆみ、咳くしゃみなどの症状が起こります。アレルギー反応が原因の病気にはアナフィラキシー、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、アトピー性皮膚炎、薬物アレルギー、食物アレルギーなどがあります。

 クリニックでは、指先等からのごく微量の血液を採取し、その場で結果がわかるアレルギー検査を行っております。

なかなか治りにくい痒み、繰り返す症状がある場合、疑わしい金属や材料を話し合いによって範囲を限定しアレルギー検査を通じて原因を特定又は除外し生活改善に努めます。

診療内容

アレルギー科のご案内

  • イムファストチェック
  • イムファストチェックの操作法

イムファストチェック

イムファストチェックJ1:スギ花粉/ヤケヒョウヒダニ/ネコ上皮

イムファストチェックJ2:卵白/牛乳/小麦

イムファストチェックの操作法

Step 1 前処理 検体処理液に検体を入れます。

Step 2 検体滴下 処理検体20μLを滴下します。

Step 3 展開液滴下 展開液を5滴滴下します。

※20分静置後、判定用色見本と合わせて、クラス判定ができます。

TOP